40代や50代の人は特に注意する

40代を過ぎた人のタイミング

高齢になったら、1年に1回は人間ドックを受けるように努力してください。
そのぐらいのペースでないと、病気を早期発見できません。
病気になったら、すぐに悪化するのが40代や50代の人の特徴です。
身体の免疫力が低下しているので、病気の進行を食い止めることができません。
人間ドックの段階で気づいて、治療をすれば高齢でも完治できるはずです。

若い頃に比べて病気になりやすいだけでなく、悪化しやすいと覚えてください。
いつまでも、若い時と同じ感覚で過ごすのは控えてください。
身体は確実に年齢を重ねていることを理解して、1年に1回人間ドックを受けましょう。
不安だったら、1年に2回でも構いません。
たくさん受けると、安心できるでしょう。

人間ドックの日を決めておこう

つい人間ドックの日を、忘れてしまう人がいると思います。
毎年バラバラの日に行くから、いつ人間ドックに行けば良いのか忘れるのでしょう。
同じ日に行くことで。次第に人間ドックに行くことが習慣になります。
40代や50だいになったら、人間ドックに行く日を設定してください。
誕生日など、わかりやすい日なら覚えやすいです。
また人間ドックに行く日は、休みを申請しなければいけない人がいるでしょう。

急に明日人間ドックに行くから休みたいと言っても会社側は困ります。
仕事がたくさんある時は、受理されない可能性が高いです。
前もって休みを申請しましょう。
1か月ぐらい前から言っていれば、確実に休みを確保できるのでスケジュールを調整してください。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ