重要な仕事を任されやすい年齢

数年に1回のペースがおすすめ

20代のころは、人間ドックを受ける間隔が空いていても問題ありませんでした。
ですが30代になると、より病気を発症しやすくなります。
最低でも2年に1回は、人間ドックを受けておきましょう。
たくさんの仕事を任されて、休憩する暇がない人が見られます。
すると身体に疲れが溜まって、病気を発症してしまうかもしれません。

まだ病気になっていなくても、医師が検査すればこのままでは病気になると判明します。
人間ドックの結果を受けて、仕事の負担を減らすなど努力をしいてください。
頑張って仕事に取り組むのは良いですが、無理をして病気になれば意味がありません。
きちんと人間ドックを受けて、自分が無理をしすぎていないか確かめてください。

臓器の検査が含まれているか

調べると、人間ドックにはいくつかの種類があります。
検査内容が変わるので、自分がどの検査を受けたいのか事前に決めておきましょう。
30代の人は、肝臓や腎臓などの臓器を詳しく調べる検査がおすすめです。
飲み会の回数が増えて、アルコールを解毒する臓器にトラブルが起こりやすいです。
病気になっていなくても、検査の結果があまり良くなかったらアルコールの摂取量を減らすなどの努力をしてください。

すると2年後に人間ドックを受けた時、結果が良くなっていると思います。
30代なら、努力すればすぐに結果が良くなるので、検査結果が悪くても大きなショックを受けないでください。
結果が悪かったら、改善するための方法を医師に聞きましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ